植物標本

植物の恩恵をひとつひとつ紡いだ作品は、植物のエネルギーが凝縮された生命からの贈りものです。植物のエネルギーはその輝きだけでなく、それぞれに高次の要素とヒーリング効果を持っています。作品に使用している植物は野原に自生する野草や薬草として親しまれている植物が多く、その薬効や植物リーディングは以下の『植物標本』よりご案内しています。ぜひご参照ください。

植物のご紹介


アカツメクサ、シロツメクサ、ヨモギ、タンポポ、ペンペン草、ドクダミ、ハルジオン、スイカズラ、イヌタデ、ドングリ、シダ、トキワツユクサ、ラベンダー、ハマウツボ、オオバコ、ハイビスカス、ヤマモモ、ハックルベリー、ストロベリーキャンドル、ブラックベリー、シソ、ヒメシャラ、モミジバフウ、チチコグサ、イチョウ、ススキ、ウコン、ヒマワリ、ベニ花、ユーカリ、タブの実、ヤマボウシ、マツの芽、ヘビ苺、シラカバ、スギの木、ツバキ、ムギ、イネ、サクラの葉、サクラの実ほか一年を通して50〜60種類の野草、ハーブ、木の実を染色しています。

植物染め・草木染め

草木染めのはじまりは、植物のもつ薬効のエキスを布に浸して湿布をつくったことからだといいます。古来より植物は装身具として身に付けたり、御守りとして用いられてきました。植物染めは植物のエネルギーが生地に凝縮されたもの。おもに、身近な野花、草の葉、茎、根、樹皮から自然の色を抽出します。


天然色素

作品生地は天然染ならではの良さを生かして手染めで作業しています。染色布はどれも自然によって生み出された深くてやさしい色合いです。すべては一期一会、近しい色があっても決して同じ色ではないのです。時間が経過して色彩が朽ちていく様子も自然の摂理だと感じます。

植物標本

《 植物の処方箋 》
植物テキスタイル・ガイダンス

No.1 アカツメクサ red clover

【学 名】 Trifolium pratense

【分 類】 マメ科・シャジャクソウ属

【別 名】 赤詰草・レッドクローバー

【季 節】春 、夏

【使用部分】花

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】灰色、砂色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
婦人科系

▪️期待できる薬効
咳、気管支炎、抗炎症作用、利尿作用
鎮咳作用、腫瘍の成長抑制、更年期、PMS


No.2 イチョウ maidenhair tree

【学 名】inkgo biloba

【分 類】 イチョウ科イチョウ属

【別 名】銀杏、公孫樹

【季 節】秋

【使用部分】葉

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】刈安色、モスグレイ

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系

▪️期待できる薬効
血流改善、抗酸化作用、老化防止
高血圧、脳卒中、認知症の予防


No.3 イヌタデ Creeping Smartweed

【学 名】 Persicaria longiseta

【分 類】 タデ科イネタデ属

【別 名】馬蓼(バリョウ)

【季 節】夏 秋

【使用部分】花、茎、葉

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】根岸色、象牙色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
婦人科系、殺菌、免疫系

▪️期待できる薬効
食あたり、胃炎、虫刺され


No.4 イネワラ(イネ)Rice Sative

【学 名】 Oryza sativa

【分 類】イネ科 イネ属

【別 名】富草(トミグサ)

【季 節】秋

【使用部分】実皮、茎

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
消化器系、免疫系

▪️食料
即効性エネルギー源、整腸促進、疲労回復、神経機能の正常化


No.5 ウコン turmeric

【学 名】Curcuma longa

【分 類】 ショウガ科ウコン

【別 名】鬱金(ウコン)、ターメリック

【季 節】春

【使用部分】実、根

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】蒲公英色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
消化器系

▪️期待できる薬効
肝障害抑制、健胃、糖尿病


No.6 オオバコ Plantain

【学 名】Plantago asiatica

【分 類】 オオバコ科オオバコ属

【別 名】車前草(しゃぜんそう)

【季 節】春 夏

【使用部分】花穂、種子

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】砂色、灰汁色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
消化器系、殺菌、免疫系

▪️期待できる薬効
風邪、咳止め、利尿、解熱、整腸、下痢、便秘、膀胱炎、アレルギー、アトピー、眼精疲労、関節痛


No.7 サクラ(実 )Japanese cherry

【学 名】Prunus, Cerasus

【分 類】バラ科スモモ属

【別 名】桜の実

【季 節】夏

【使用部分】実

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】ネールピンク、薄色、鳩羽色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
消化器系


▪️期待できる薬効
鎮静作用、リラックス効果、血圧低下、解熱、咳止め、美白、湿疹

▪️スピリチュアルキーワード
愛のエネルギーの循環、愛に目覚める、普遍的な愛、ハートを開く、感謝、安心感、充足感、優しさ、認める、神聖な人生の目的、終わりと新しいはじまり


No.8 サクラ(葉) cherry leaf

【学 名】Prunus, Cerasus

【分 類】 バラ科モモ亜科スモモ属

【和 名】桜、ソメイヨシノ

【季 節】春

【使用部分】葉

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】バンブー、灰汁色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系


▪️期待できる薬効
鎮静作用、リラックス効果、血圧低下、解熱、咳止め、美白


▪️スピリチュアルキーワード
愛のエネルギーの循環、愛に目覚める、普遍的な愛、ハートを開く、感謝、安心感、充足感、優しさ、認める、神聖な人生の目的、終わりと新しいはじまり


No.9 シソ(葉) Red Shiso

【学 名】Perilla frutescens

【分 類】 シソ科シソ属

【別 名】紫蘇

【季 節】夏

【使用部分】葉

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】パールグレイ、利休鼠

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系

▪️期待できる薬効
下痢、風邪、発熱、咳き止め、食中毒、食欲増進
健胃、解毒、精神安定、貧血、出血


No.10 シダ common sword fern

【学 名】olystichum polyblepharum

【分 類】オシダ科イノデ属

【和 名】明日香猪の手(アスカイノデ)

【季 節】春 夏

【使用部分】葉

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】ストロー

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系

▪️期待できる薬効
むくみ、おでき


No.11 シラカバ(葉、樹皮、枝) White Birch

【学 名】etula platyphylla

【分 類】 カバノキ科カバノキ属

【和 名】白樺

【季 節】夏

【使用部分】葉、樹皮、枝

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】ウィローグリーン

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系、呼吸器系、スキンケア


▪️期待できる薬効
歯、歯茎、肝機能向上、抗ウイルス、抗ガン作用、アレルギー予防、美容

▪️スピリチュアル・キーワード
魂に共鳴、生命の言霊(自分の言葉から感じる素直さ)自己表現、ありのまま、受容、容認、安心、勇気、自信、解放、浄化、グラウンディング、自分の真実にしたがうことができるようにサポート。


No.12 シロツメクサ white Clover

【学 名】Trifolium repens

【分 類】 マメ科・シャジャクソウ属

【別 名】白詰草・ホワイトクローバー

【季 節】春

【使用部分】花、茎

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】刈安色、生壁色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
婦人科系、殺菌、免疫系

▪️期待できる薬効
抗炎症作用、咳、痰、痔


No.13 スイカズラ Honey suckle

【学 名】Lonicera japonica

【分 類】 スイカズラ科 スイカズラ属

【別 名】金銀花、忍冬(ニンドウ)

【季 節】春

【使用部分】花、葉

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】アスパラグリーン.ライムイエロー

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
婦人科系、殺菌、免疫系

▪️期待できる薬効
口内炎、歯肉炎、皮膚炎、腰痛、利尿作用、抗菌、解熱、風邪初期、膀胱炎、腎臓病、皮膚病、強壮


No.14 スギナ Field Horsetail

【学 名】Equisetum arvense

【分 類】トクサ科トクサ属

【季 節】春

【使用部分】茎

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】パールホワイト、オイスターホワイト

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系

▪️期待できる薬効
利尿、去痰、解熱、かぶれ、眼精疲労、鼻炎、花粉症アトピー性皮膚炎改善、便秘改善、 高血圧の予防


No.15 スギの木 apanese Red Cedar

【学 名】Cryptomeria japonica

【分 類】 ヒノキ科スギ亜科スギ属

【別 名】杉

【季 節】秋

【使用部分】木の実

【媒染】

【染色カラー】

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
消化器系、スキンケア

▪️期待できる薬効
リラックス効果、鎮痛作用、抗ストレス作用、消化促進、消炎作用、抗菌作用、血圧降下作用、組織再生、


No.16 ストロベリーキャンドルCrimson clove

【学 名】 Trifolium incarnatum

【分 類】 マメ科シャジクソウ属

【和 名】紅花詰草(ベニバナツメクサ)

【季 節】春 夏

【使用部分】花、茎

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】灰汁色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード

婦人科系、殺菌、免疫系


No.17 セイタカアワダチソウ Canada goldenrod

【学 名】Solidago canadensis var. scabra

【分 類】キク科

【和 名】背高泡立草

【季 節】秋 冬

【使用部分】花、茎

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】刈安色、リンカーングリーン

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系、婦人科系

▪️期待できる薬効
秋の花粉症、アトピー、アレルギー、皮膚炎


No.18 タブの実 Machilus thunbergii

【学 名】Machilus thunbergii

【分 類】 クスノキ科タブノキ属

【別 名】椨の実

【季 節】秋

【使用部分】実

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】シルヴァーグレイ

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
消化器系

▪️期待できる薬効
整腸効果、老化防止、神経痛(樹皮)


No.19 タンポポ dandelion

【学 名】Taraxacum

【分 類】 キク科、タンポポ属

【別 名】鼓草(つつみぐさ)

【季 節】春

【使用部分】花、葉、茎

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】ライムイエロー、灰汁色、生成色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系、婦人科系


▪️期待できる薬効
発汗、解熱、健胃、健肝、肝臓、母乳不足、便秘、消化不良、神経痛、リウマチ、肌荒れ、ニキビ

▪️スピリチュアルキーワード
協調、ハーモニー、バランス、安定、繁栄、希望、リラックス(頑張りすぎてしまう)


No.20 チカラシバ dwarf fountain grass

【学 名】 Pennisetum alopecuroides

【分 類】 イネ科チカラシバ属

【和 名】力芝

【季 節】秋

【使用部分】花穂

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】パールグレイ、蒸栗色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード

殺菌、免疫系


No.21 チチコグサ cudweed

【学 名】Gnaphalium japonicum

【分 類】キク科 ハハコグサ属

【別 名】父子草

【季 節】春

【使用部分】花、茎

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】バンブー、老緑色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系、婦人科系

▪️期待できる薬効
鎮咳、利尿、抗糖尿など


No.22 チャノ木(茶葉)Tea plant

【学 名】Camellia sinensis

【分 類】ツバキ科ツバキ属

【和 名】茶の木

【季 節】秋

【使用部分】葉

【媒染】鉄媒染

【染色カラー】灰汁色、ローズグレイ

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系

▪️期待できる薬効
リラックス作用、血中コレステロール低下、血圧低下作用、体脂肪低下作用、虫歯予防、抗菌作用


No.23 ツバキ Camellia

【学 名】Camellia japonica

【分 類】 ツバキ科ツバキ属

【別 名】藪椿

【季 節】冬

【使用部分】花

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】灰桜色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
婦人科系

▪️期待できる薬効
血糖値抑制、中性脂肪、シミ予防、アトピー性皮膚炎、疲労回復、美肌、アンチエイジング


No.24 トキワツユクサ Wandering jew

【学 名】Tradescantia fluminensis

【分 類】 ツユクサ科ムラサキツユクサ属

【和 名】ノハカタカラクサ、常磐露草

【季 節】春 夏

【使用部分】花、葉

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染【染色カラー】ローズグレイ、パールグレイ、砂色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系、婦人科系

▪️期待できる薬効
解毒、解熱、下痢、利尿作用、湿疹、かぶれ、眼病
心臓病予防、脳血栓予防、むくみ


No.25 ドクダミ houttuynia

【学 名】Houttuynia cordata

【分 類】 ドクダミ科ドクダミ属

【別 名】毒溜め(ドクダメ)

【季 節】春 夏

【使用部分】花、葉

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】灰汁色、砂色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系、婦人科系

▪️期待できる薬効
デトックス効果、利尿、便秘、生理不順、アトピー、高血圧、糖尿病、にきび、殺菌・抗菌作用、止血


No.26 ドングリ(マテバシイ)Matebashii Tree

【学 名】 Lithocarpus edulis

【分 類】 ブナ科

【和 名】マタジイ、サツマジイ

【季 節】秋

【使用部分】実、種

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】グレージュ、璃寛茶色、茶鼠色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
呼吸器系、殺菌、免疫系


▪️期待できる薬効
重金属などの有害物質の浄化・排出を促すデトックス効果

▪️スピリチュアルキーワード
協調、ハーモニー、バランス、安定、繁栄、希望、リラックス(頑張りすぎてしまう)


No.27 ナズナ Shepherd’s purse

【学 名】Capsella bursa-pastoris

【分 類】 アブラナ科ナズナ属

【別 名】ペンペン草

【季 節】春

【使用部分】花、種子、茎

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】砂色、灰汁色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
消化器系、殺菌、免疫系、婦人科系

▪️期待できる薬効
解熱、下痢、腹痛、生理不順、便秘、痛風、利尿、脳卒中、高血圧、貧血


No.28 ノブドウ wild grape

【学 名】Ampelopsis brevipedunculata Ampelopsis

【分 類】ブドウ科ブドウ属

【別 名】蛇葡萄(ジャホウトウ)

【季 節】夏 秋

【使用部分】実

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
消化器系

▪️期待できる薬効

痛み止め、関節痛


No.29 ハイビスカス hibiscus、roselle

【学 名】Hibiscus rosa-sinensis

【分 類】 アオイ科フヨウ属

【別 名】扶桑花、仏桑華、ロゼリ草

【季 節】夏

【使用部分】花

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】鼠色、灰桜色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
婦人科系

▪️期待できる薬効
美容、むくみ、二日酔い、肉体疲労、眼精疲労、食欲不振、便秘、風邪、上気道カタル、循環不良


No.30 ハックルベリー huckleberry

【学 名】 Solanum melanocerasum 

【分 類】 ナス科ナス属

【季 節】夏 秋

【使用部分】実

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】ラヴァェンダー、藤色、ヒアシンス、ゼニスブルー

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
消化器系

▪️期待できる薬効
高血圧、眼精疲労、視力回復、血流改善、動脈硬化、老化防止

▪️スピリチュアルキーワード
内なる神、源、エネルギーのバランス、信頼


No.31 ハマウツボ bluish broomrape

【学 名】Orobanche coerulescens

【分 類】 ハマウツボ科ハマウツボ属

【別 名】ウツボグサ

【季 節】夏

【使用部分】花、茎、根

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】レグホーン、利休鼠色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系、婦人科系、呼吸器系

▪️期待できる薬効

強壮、鎮痛、消炎、咽喉痛、骨髄炎、尿路感染、扁桃


No.32 ハルジオン Philadelphia fleabane

【学 名】Erigeron philadelphicus

【分 類】キク科ムカシヨモギ属

【別 名】春紫苑、貧乏草

【季 節】春 夏

【使用部分】花、茎、葉

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】老緑色、刈安色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系、婦人科系

▪️期待できる薬効
糖尿、むくみ、美白効果、肌荒れ、シミなど


No.33 ヒマワリ Sunflower

【学 名】Helianthus annuus

【分 類】 キク科ヒマワリ属

【別 名】日車、日輪草

【季 節】夏

【使用部分】花、種

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】アスファルト、アッシュグレイ、灰汁色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
消化器系、婦人科系

▪️期待できる薬効
高血圧、動脈硬化、冷え性、美肌効果、更年期、貧血


No.34 ヒメシャラ Tall Stewartia

【学 名】tewartia monadelpha

【分 類】 ツバキ科ナツツバキ属

【別 名】姫沙羅(ヒメシャラ)

【季 節】夏

【使用部分】花

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】パールホワイト、砂色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
婦人科系

▪️期待できる薬効
咳、解熱


No.35 ブドウ Grape

【学 名】 Vitis

【分 類】ブドウ科ブドウ属

【別 名】葡萄

【季 節】秋

【使用部分】果実

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】灰桜色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード

消化器系

▪️期待できる薬効

疲労回復、老化防止


No.36 ブラックベリー Blackberry

【学 名】Rubus fruticosus

【分 類】 バラ科キイチゴ属

【別 名】西洋藪苺(イヨウヤブイチゴ)

【季 節】夏

【使用部分】果実

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】薄色、ラヴェンダー、スティールグレイ

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
消化器系

▪️期待できる薬効
目の疲労回復、便秘解消・整腸作用、疲労回復・筋肉痛解消、美肌作り、老化防止

▪️スピリチュアルキーワード
グラウンディング、大地とつながる、決断力、行動力、集中


No.37 ヘビイチゴ False strawberry

【学 名】Duchesnea chrysantha

【分 類】 バラ科キジムシロ属

【和 名】蛇苺

【季 節】春

【使用部分】実、葉

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】スカイグレイ、鼠色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系、消化器系

▪️期待できる薬効

痒み止め、皮膚炎症、肌荒れ


No.38 ベニバナ Safflower

【学 名】arthamus tinctorius

【分 類】 キク科 ベニバナ属

【別 名】末摘花(すえつむはな)

【季 節】夏

【使用部分】花

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】芥子色、マスタード、レグホーン、カナリア

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
婦人科系

▪️期待できる薬効
血流作用、月経不順、冷え性、更年期障害、生理痛、婦人病、ホルモンバランス、口内炎


No.39 マツ Longleaf Pine

【学 名】Pinus

【分 類】 マツ科マツ属

【和 名】松

【季 節】春

【使用部分】新芽

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】ホワイト、胡粉色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系

▪️期待できる薬効
生活習慣病、美肌効果、眼精疲労


No.40 マリーゴールド marigold

【学 名】calendula officinalis

【分 類】 キク科キンセンカ属

【別 名】キンセンカ

【季 節】夏 秋

【使用部分】花、茎

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系、婦人科系

▪️期待できる薬効

解毒、発汗作用、利尿作用、ホルモン様作用、月経、月経前症候群、更年期


No.41 ムギクサ all barley false barley

【学 名】Hordeum murinum L

【分 類】 イネ科オオムギ属

【和 名】麦草

【季 節】春 夏

【使用部分】草穂

【媒染】アルミ媒染

【染色カラー】蒸栗色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード

殺菌、免疫系


No.42 モミジバフウ Sweet gum tree

【学 名】Liquidambar styraciflua

【分 類】 フウ科フウ属

【別 名】アメリカフウ

【季 節】秋

【使用部分】実

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】利休鼠色、ベージュ

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード

呼吸器系


No.43 ヤマモモ red bayberry

【学 名】Morella rubra

【分 類】 ヤマモモ科ヤマモモ属

【和 名】山桜桃、火実

【季 節】夏

【使用部分】果実

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】スティールグレイ、茶鼠、ラヴェンダー

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
消化器系

▪️期待できる薬効
アレルギー、アトピー性皮膚炎、花粉症、美容、抗酸化作用、疲労回復、老化防止


No.44 ユーカリ eucalyptus

【学 名】Eucalyptus globulus

【分 類】フトモモ科ユーカリ属

【別 名】ユーカリノキ(有加利樹)

【季 節】春

【使用部分】葉、茎

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系

▪️期待できる薬効
殺菌、鎮痛、喉の炎症、風邪、気管支炎
花粉症、頭痛、肺気腫、喘息、咳


No.45 ヨモギ Japanese wormwood

【学 名】 Artemisia indica var. maximowiczii

【分 類】 キク科、ヨモギ属

【別 名】餅草、モグサ

【季 節】春

【使用部分】葉、茎

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】マスタード、利休鼠色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系

▪️期待できる薬効
食欲増進、止血、神経痛、リウマチ、胃腸病、便秘、健胃効果、腹痛、冷え性・むくみの改善、アトピーの改善


No.46 ラベンダー lavender

【学 名】Lavandula angustifolia

【分 類】シソ科ラヴァンドラ属

【和 名】薫衣草(クンイソウ)

【季 節】夏

【使用部分】花、茎

【媒染】アルミ媒染 / 鉄媒染

【染色カラー】砂色、茶鼠色

-------------------------------------------

▪️植物の使用部分キーワード
殺菌、免疫系、婦人科系

▪️期待できる薬効

殺菌、消毒作用、緊張、就眠障害、神経疲労、神経性胃炎、消化不良、解毒、解熱、虫刺され、やけど

自然がくれた宝もの

一年を通してあちこちの野原や森へ行き、植物を摘み、大地に息づくあらゆる生物や木々から感じたこと、受けとったメッセージを書き留めながら自然を愉しんでいます。いつでも植物と繋がっていられる"お守り"のようなものを創りたいという思いから始まった草木染めの創作。自然の中で感じたまま、言葉を超えた対話をしながらいつでも植物に助けられています。植物の小さなお守りを受取られた方が『安心』の中にいられますよう...そして、植物を介して“何か” に気付いたり、目覚めたり、勇気となったり...りすの小部屋は自然と人をつなぐ憩いの場です。どうか、じっくり植物のやさしさとそのちからに触れていただけますよう*

植物療法について

《注意・免責事項》

当サイトにお越し下さり誠にありがとうございます。掲載されている植物の効果効用は治療や薬としての有効性を保証するものではありません。作品の植物セラピーは心と身体の調和をもたらす植物療法のひとつであり医療行為ではありません。あくまでも自己責任においてご利用下さい。

(C) 2006ー2020 Chiharu Kobayashi All Right Reserved

当サイトに掲載されている作品・表現・文章すべての コピー、写真等の無断使用、転載をお断りします。